開催日当日の流れと注意事項(筑波ジムカーナ場)

開催日当日の流れと注意事項(筑波ジムカーナ場)

みなさんこんにちは!NEOスポーツドライビングエクスペリエンス、インストラクターの加賀美です。

当日はみなさんには存分に走っていただきヘトヘトになっていただこうと思っていますが、そのために限られた時間を有効に使うということ、なるべく密の機会を減らすという目的で、ブリーフィングでお話しする注意事項やプログラム進行について事前にお伝えいたします。

入り口と駐車エリアについて

ジムカーナ場の入り口は筑波サーキットの本コースとは異なるのですが、看板が出ているので比較的わかりやすいかと思います。

そして当日ゲートオープンしたらなるべくこの赤枠のエリアに駐車してください。

当日の受付時の流れと感染予防対策について

当日は受付の時間までにお越しいただき、受付で事前にお送りしている受理書を確認させていただきます。

こちらで誓約書に署名していただくことと、感染予防対策として筑波サーキットさんが実施している検温と問診票へのご記入をお願いします。

また当プログラムの対策としまして、なるべくお越しいただく際も皆様にマスクを着用していただくこと、消毒液の設置、同乗の際も換気、体調が優れない場合は事前に申し出ていただくことをお願いしております。

 

走行準備について

進行上の予定でも走行準備の時間は設けていますが、受付が完了した方から順次準備に入っていただきたいと思います。

まずは不要な車載品を下ろしてください。もしも雨が降っていた場合は貴重品以外はブリーフィングルームへ置いてください。特に運転席周りの転がりやすいものなどはしっかりと固定していただくか、グローブボックスへしまってください。

適正なシートポジション

まずはしっかりと腰をシートの奥までつけて座ります。この時に少しでも隙間があると走行中に腰がずれてしまうのでしっかりと奥まで座ります。そしてスライドを調整しますが目安としてはブレーキを思いっきり踏んだ際に膝が伸びきらないくらいの位置に調整します。その後はステアリングの位置ですが、目安としては9:15の位置でハンドルを握った時に肘の角度が90°100°くらになる様に調整してみてください。

近すぎるという方もいるかもしれませんが、強いGがかかりますのでその中で正確な操作をするにはこれくらいがベストです。

無線と車載カメラ

受付時に無線と車載カメラをお渡ししますのでこちらを設置してください。無線についてはなるべくずれにくいところがいいのでドアポケットなどがおすすすめです。

車載カメラは吸盤式になていますので助手席側の窓ガラスのなるべくBピラーよりに設置していただくと前も手元も見えていいと思います。また長時間の連続撮影のため、シガーソケットまたはUSBから電源を取らせていただきます。カメラ設置の際は電源も一緒に確保をお願いいたします。

ちなみにこの時の動画は後日YouTubeで皆様個別に限定公開でアップロードしていつでも閲覧できる様にいたします。個々に専用のURLを発行しますので、そのURLを知っている方のみ閲覧可能となりますが、もしご希望されない方は受付の際にお知らせください。またこの動画は皆様個人ための動画ですので、プライバシー保護の観点からこの動画をシェアするということはお控えください。ご自身で撮影した動画や写真はこの限りではありませんがその場合でも周りの方へのご配慮をお願いいたします。その上でNEOエクスペリエンスを宣伝していただくことはもちろん大歓迎です!

 

進行について

基本的には全て2グループに分けさせていただきます。そしてそれぞれのグループにインストラクターが着き、その担当インストラクターから無線で呼ばれた方からコースイン、コースアウトしていただきます。どのカリキュラムもコース向かって左側がコースインゲート、右側がコースアウトゲートとします。

アンケートについて

当日のプログラム終了後に皆様にアンケートのご記入をお願いしております。今後の改善のために是非ご協力をお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です