日常の運転で身につくドライビングテクニック【ブレーキ編】

日常の運転で身につくドライビングテクニック【ブレーキ編】

日常の運転で身につくドライビングテクニック【ブレーキ】

みなさんこんにちは!NEOスポーツドライビングエクスペリエンス、インストラクターの加賀美綾佑です。
今回は、日常の運転で身につくドライビングテクニックの中でも、ブレーキに注目した内容をお伝えします。
次のことを意識すればドライビングスキルががまた1つ向上します!

まず前提として「日常運転のブレーキ=信号が赤になり停止する際や、前方との車間を維持するための減速や停止」などを想定してください。(急制動は除きます。)
その日常運転のブレーキシーンの中で初期制動、中間制動、停止時の3つに分けて説明していきます。

初期制動

まずは初期制動です。
ここでよくあるのが、最初にガツンと体が前のめりになるくらいにブレーキを踏んでしまうことです。
これではスマートではありませんし、同乗者も不快思ってしまうかもしれません。
上手な操作というのは踏み始めをじわっと踏むことです。
ここでもアクセルと同様に段階的な操作を意識すると良いでしょう。

中間制動

次に中間制動です。
初期にじんわりと踏んだブレーキペダルを戻すことなく一定に踏みつずけることがポイントです。
極力途中で緩めたり強めたりはしないのがベストです。
この時の状態を数字で表すと0.1~0.2G程です。
もしご自分のクルマにG forceメーターがあれば参考にしてみてください。

停止時

そして最後に停止時です。
よくカックンブレーキというワードを耳にしますが、停止時にカックンとならないように0kmになる直前に少しブレーキ踏力を弱めます。これによって停止時の車の姿勢変化を最小限におさえられます。

最後に

以上のポイントをおさえれば、ブレーキングは完璧です!
ただし緊急時は上記に関係なくガッツリ踏みましょう。
また車種によっては発進時にもブレーキを意識した方がいい場合もあります。
クリープが強いためにブレーキを離すとビュンと進んでしまうからです。
この場合はいきなりペダルから足を離すのではなく、緩やかに離すことが重要です。

いかがでしたでしょうか?意識をするだけでドライビングテクニックは大きく変わります。
是非今日から実践してみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です