Intermediateで身につくドライビングテクニック

Intermediateで身につくドライビングテクニック

Intermediateで身につくドライビングテクニック

<テーマ:スポーツ走行の基礎を身につける車両コントロール >

サーキット走行に必要な基礎テクニックを身につけるために、ジムカーナ場を使用して反復トレーニングを行います。

<対象となる方>

・これからサーキットを走ってみたいという方

・オーバーステアのコントロールがいまいちできない

・スポーツ走行の基礎を身に付けたい

・スライドコントロールができるようになりたい

・まずは腕試ししたい

運転にはそこそこ自信はあるけどまずは腕試し・・・という方はまずはNEOスポーツドライビングエクスペリエンス<intermediate>からチャレンジしてみてください!ここではスポーツドライビングの基礎をテーマに、日常の運転よりは少し高い次元でクルマをコントロールしていきます。またスライドコントロールの基礎もここに含まれますが、これはadvancedプログラムで必要になってくるスキルですので是非身に付けておきましょう!

<習得スキル>

・姿勢が乱れた時のコントロール

・低速域でのスライドコントロール

・より正確なスロットルコントロール

・より正確なステアリングコントロール

では具体的なトレーニング内容を見ていきましょう。

<定常円トレーニングIntermediate >

概要:荷重移動により意図的にオーバーステアを発生させる。その後カウンターステアやスロットルコントロールで姿勢を維持またはスピンを回避する。

basicではオーバーステアを発生させるまでがゴールでしたが、intermediateではその後のスライドコントロールを習得していただきます。操作としてはアンダーステアからオーバーステアに変わるまでの過程は同じです。その後アクセル操作とカウンターステアでスライド状態を少しキープしていき姿勢をコントロールしましょう。

<スラロームトレーニングIntermediate >

概要:決められた通りのレイアウトでパイロンを通過し最短のラインで正確にクルマをコントロールする。

スラロームでは正確なステアリング操作とアクセル操作、そして正確なテンポが求められます。周回を重ねる毎に徐々にペースを上げていき、それぞれの操作に対する精度をより高めていきます。

<コーナリングトレーニングIntermediate >

概要:パイロンで仕切られたコーナーに指定された速度で進入し、アウトインアウトのラインでスムーズに通過する。

ここでは実際のサーキットのコーナーを走るつもりで走行していきます。大事なのはブレーキングポイントからクリッピングポイントまでのブレーキの使い方です。正しいブレーキの使い方を覚えることでかなりのスキルアップにつながります。サーキットでは同じコーナーだけを反復練習するということはできませんので、ここでしっかりと基礎を身に付けましょう。

<ポイント>

カリキュラムの多くは散水をし、路面が濡れた状態でトレーニングを行います。それにより細かな車両コントロールが身に付くほか、タイヤの消耗も抑えられ、車体への負荷も少なく済みます。

また参加可能な車種について原則指定はございませんのでミニバンやSUVでも問題ありません。ミッションについてもAT・MTどちらでも参加可能です。もちろんスポーツカー全般であればよりエキサイティングな体験ができます。

ただし車種によっては物理的にオーバーステアが発生しにくいこともあり、一部体験できない姿勢コントロールも出てくる場合がございます。予めご了承ください。

 

3 Responses

  1. […] NEOスポーツドライビングエクスペリエンス<intermediate>プログラムの募集を開始しました!intermediateはカリキュラムの中でも中級にあたるプログラムで、サーキットを走る上での基礎となります。(詳細はこちら) […]

  2. […] ・Intermediateはカリキュラムの中でも中級にあたるプログラムで、サーキットを走る上での基礎となります。(詳細はこちら) […]

  3. […] ・Intermediateはカリキュラムの中でも中級にあたるプログラムで、サーキットを走る上での基礎となります。(詳細はこちら) […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です